大阪ふうせんバレーボール振興委員会について

 

「ふうせんバレーボール」は「チームの全員がふれてから相手コートにボールを返す」

という全員参加(完全参加)の概念をルールに取り入れた1989年に北九州で誕生したスポ―ツです。

九州を中心に愛好者が増え、15年程前より大阪にもクラブが誕生し様々な競技大会や地域に根差した普及会が開催されました。

2013年には活動が正式に認められ「日本ふうせんバレーボール協会大阪支部」が誕生しました。

過去に「ふうせんバレーボール」はオープン競技として大分国体でも行われました。

2014年には再び、「がんばらんば長崎国体」にオープン競技として開催されました。

大阪振興委員会は現在、各練習会への参加や見学を随時行っています。2017.5/3